:: 昔話: マスリ ::

これはマレーシアの昔話です。

200年ぐらい前に、ランカウィ島に、おじいさんとおばあさんと娘さんが住んでいました。娘さんの名前マスリです。

時間が過ぎて、マスリさんはどんどん大きくなって、どんどん美し女になりました。すごく美しいので、マスリさんの事を知らない人はいませんでした。おおぜいの男の人たちがマスリさんと結婚したいと思いました。つうに、マスリさんはダルスさんと言う男と結婚しました。ダルスさんは兵士でした。

ある日、ダルスさんは戦争に行きました。マスリさんは一人で家にのこされました。

ある日、ヅラマンさんと言う男の人が来ました。ヅラマンさんとマスリさんは友達になりました。

マスリさんは美しので、おおぜいの女性が羨ましがりました。特にマホラさんと言う女はマスリさんを羨ましがりました。

ですから、マホラさんはマスリさんがヅラマンと不倫をしていると非難しました。村人たちがそれを信じました。そして、村人たちはマスリさんを死刑にしました。

マスリさんは木に縛れて、クリスで繰り返して刺されました。

しかし、マスリさんは死にませんでした。村人たちはとてもびっくりしました。マスリさんは「私は無罪です」と言いましたが、だれも信じませんでした。

その後、マスリさんは「私は特別なクリスを使わなければ殺す事はできません」と言いました。この特別なクリスはマスリさんの家族のクリスでした。

村人たちはすぐその特別なクリスを探しました。この特別うなクリスが見つかると、マスリさんをそのクリスでしました。刺されると、真っ白な血が流れ出しました。村人たちはとてもびっくりしました。やはり、マスリさんは無罪だったと思いました。

死ぬ前に、マスリさんは「私はランカウィ島の村人たちを7代に渡って不運呪います」と言いました。

しばらくして、ランカウィがタイに襲われました。それ以来、ランカウィはどんどん不運になりました。

100年以上たって、もう7代がちました。ランカウィはだんだん発達して、有名になりました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s